破産手続き

投資家の投資研究所 > ビジネス > 破産手続き

破産手続き

2015年1月13日(火曜日) テーマ:ビジネス

民事再生という選択肢は住宅ローンなどを含めた多重の債務に困っているひとをターゲットとして住居を維持しつつ経済的に再建するための法的機関を通した手順として利用できるようになった解決方法です。

 

民事再生には、破産手続きとは異なり免責不許可事由はないので、浪費などで借金を作ったような場合においても申請は選択可能ですし、破産により業務停止になってしまう資格で仕事をしている場合等でも民事再生は行えます。

 

破産申告ではマンションを手元に残すことは許されませんし、任意整理や特定調停などでも借金の元金は返済していくことが要求されますので、住宅ローンもある一方で返済を続けるのは実際には簡単ではないでしょう。

 

民事再生という手順を選ぶことができればマンション等のローンを除いた借金は少なくない場合において削減することが可能なため余裕を持ちつつマンション等のローンを支払いつつ他の借り入れ分を返済し続けることもできるということになります。

 

ただ、民事再生による整理は任意整理による処理特定調停といった処理とは異なって一定の借金を切り取って手続きすることは不可能ですし、破産申告におけるように債務それそのものなくなるのではありません。

 

くわえて、これ以外の解決方法と比較するとある程度時間が必要ですので、住宅ローンなどを組んでおり住宅を維持する必要がある状況など以外で、破産申請等の他の選択肢がない時だけの限定的な解決方法とみなした方がいいと思います。

 



関連記事

黒髪清楚美人はきれいだと思う!

黒髪清楚美人はきれいだと思う!

2015年1月29日(木曜日)

破産手続き

破産手続き

2015年1月13日(火曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)